2012-04-22

Hollow Wooden Surfboard 木のサーフボードを作る

現代のサーフボードは主に発泡体でできているが、昔は木で作られていた。ハワイの歴史を紹介するテレビ番組の中でそれを知った。しかも板の中身は空という。興味が湧いた。

インターネットで検索すると、中空木製サーフボード(Hollow Wooden Surfboard)の関連サイトやブログが見つかる。いずれも完成品やキット、図面を販売したり、作り方を紹介している。YouTubeでも作り方を紹介する動画が多数公開されている。自分にもできそうな気分になった。面白そうだ。
Paul Jensen Surfboard
Wood Surfboard Supply
Hack's hollow wooden surfboards (Bahrman Rails)
Grain Surfboards
Chesapeake Light Craft

【欲求】★★レベル2
単に欲しい、には留まらない。作りたい。かといって見事なボードを作れるようになりたいという強い野心はない。むしろ世界のいろいろな人とつながりを持ちたい気持ちが大きいだろう。実現するかは分からないが、いつか作ってみたい。

そう思ったのは数年前のことで、いつか誰にも言わずに始めようかと思っていたら、日本に先達を見つけた。千葉市の nobbywood surfboards では、2007年から木製サーフボードを製作していた。

美しい木目のボード。フィンボックスがついている。

代表のnobbyこと大川信仁氏は、ホームページで日本の伝統的なボディボード「板子乗り」の情報を求めていた。そこで、日本の先駆者に敬意を表して板子乗りについて書こう。

▶ 水泳技術の歴史を調べる へ続く

12-05-13 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
サーフィン雑誌「Blue.」No.35、2012年6月号の「誇り高き日本のクラフトマンたち」に、nobbywood surfboardsの大川信仁氏が紹介されている。
その製作技術や細やかな配慮に驚いた。作業台や工具を自作。材料の桐は新潟県津南町産、ボードに使う材料は1本の木から取り、組み合わせる時には木が育ってきた方向(根から空へ)を揃える。重量配分はフィンをつけた状態で理想的になるようにする。表面はグラスファイバーでなくニスを塗り重ねる(13回以上!)。記事の最後に「モダンウッドボード」という言葉が出てきたが、それがふさわしく思えた。


2年ほど前、Wood Surfboard Supply から「Building a Hollow Wooden Surfboard v8.3」という中空木製サーフボードを自作するための手引きを買ったが、内容は初心者向きで、主にベニヤ板と接着剤で中空木製サーフボードを作るというものだった。大川氏のボードは、さすがにこれとはレベルが違う。脱帽。
特筆すべきなのは、サーフボードの材料が木で、表面はグラスファイバーの積層ではなくニスを使って仕上げること。サーフィンなどのウォータースボーツは、自然に親しんでいるようで、実は道具はガラス繊維や炭素繊維で強化されたプラスチックなど自然界には存在しない材料を多用しており、一般的なフォームを使ったサーフボードの製作過程には、防塵マスクをつけた作業工程が必ずある。人体に有害だからだ。これにはどうにも違和感がある。しかし木のボードなら、最後は土に還ることもできる。ウォータースポーツが、持続可能になるのだ。
改めて Wood Surfboard Supply の手引き書について調べると、ここ数年でかなり充実しているようだ。この分野に興味を持つ人が増えて全体のレベルが上がったのだろうか。
楽しいことはみんなやりたいのだ。いつかこっそり始めようなんて無理な話だったが、自分と同じように木製サーフボードに関心のある人が多いと分かり、嬉しく思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿