2012-09-20

がんばれ中国!中国加油!

この写真は、中国の新浪微博 http://weibo.com/ (検索は http://s.weibo.com/ )で公開されたという。




中国雲南省西靖市学府路にあるアウディ契約販売店、曲靖铠煜商贸有限责任公司 Qujing Kaiyu Trading Co., Ltd. の従業員らしき14人が笑顔で「也要杀光日本人」(日本人は皆殺し)と書かれた横断幕を掲げている。

アウディジャパン株式会社は9月18日に遺憾と発表。
その中にあるドイツAudi本社のコメントは以下のとおり。
“We wish to categorically distance ourselves from this action. We believe that, as a company, it is not our place to comment on political matters. This is the job of politicians. However, we distance ourselves from any use of violence and advocate dialogue and diplomacy.”
簡単にいえば「この行為とは距離を置く」、自分とは関係ない、と。
このようなことがないよう、世界的な再発防止に努めるとも付け加えられている。

中国の人々に必要なのは自由だ。反日の先にあるものを、早く教えてほしい。
頑張れ中国!中国加油!

【欲求】★★★レベル3
他人を応援したい気持ちになることはあまりないが、今回はそう思う。

中国は豊かになったが、働いてもまだ手にすることができないものがあるだろう。
中国で販売されているアウディは、アウディの親会社であるフォルクスワーゲンと中国第一汽車集団公司との合弁会社である一汽大衆汽車(一汽フォルクスワーゲン)により、中国国内で生産されている。
アウシュヴィッツ第一強制収容所Auschwitzの門には "ARBEIT MACHT FREI"(働けば自由になれる)とある。
アウディは買えたとしても、自由はどうだろうか。

ドイツAudi本社は、他人事にどうやって責任を持って対処するのか、いずれ見せてくれる。企業が利潤を追求し、巨大な市場である中国を重視するのは当然のことで、理解できる。しかしそれをわざわざ改めて示す必要はなかった。
精神的な満足を理解できる顧客として尊重されず、ただ物を与えればいいと見下されていることに、いずれは中国人も気がつく。その時アウディは、中国人にとってどんな車になるのだろう。